--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.08.20

「ひかる」と言う名前@UNDER STUDY

今回のツアーでは一挙に新作を3作品
(ショーも1作品とカウント)も見てきたので
書かないといけないことがいっぱいです!
(最近ずっとべるばら、べるばら、べるばら…だったからな)

今回はおいらたち親子のだーいすきな七帆ひかる主演のバウ!

だいすきな七帆、じゃないよ?
だーいすきな七帆、だよ?(by ピータンの大森さん@6巻

その七帆が主演だなんて…
七帆スキーとしてはそりゃ観ないわけにはいかないでしょう!



そらぐみ下級生を観るときには
脳内が勝手にオカンモードになるようです

あのコがあんなにも…!!
あのコがあんなところに…!!
という気持ちでいっぱいです



ななっぺ(愛を込めてななっぺ呼び)は
ずーーーーーーーーーーーーっと出ずっぱりでしたよ!

ゆえに、いつもどんな衣装であれ
ふところからハンカチが出てくるの(笑)

スーツとかのお衣装ならまだわかるけど
サンジョルディのお衣装のドコに隠すところがあるんだろうか…

お芝居の流れとしては自然な使い方なので
べつに気になる使い方ではなかったですけどね



いまだかつてないほどに、拍手をしました
おかげでやや筋肉痛です(ほんとがんばった)←拍手を

ひとりひとりに…
とくにやはり主演の七帆に思いっきり拍手をしました

はじめての主演
はじめての自分が主役の公演
はじめての自分のための脚本

いろいろプレッシャーとかもあったと思うの
台詞だって誰よりもいちばん多かったし
お歌もあんなにひとりで歌うこと自体が新公ぐらいだろうし
新公のは、あくまで本役さんありきだから

今回は七帆が歌わなかったら誰が歌うんだ
っていうぐらいに、七帆ソロの七帆だけのお歌があった

もうね、舞台上に七帆しかいなくって
七帆だけが歌っている!がんばっている!!

この姿をみるだけで感動で…(オカンモード)

またね、七帆がフィナーレあたりで泣いちゃったんだよね
やり遂げたぜっていう気持ちなのか
安心したのか感動したのか知らないけれど

左目からのみ、つーーーっと流れてた

そんなのみちゃったらこっちだって泣けてきちゃうじゃない…
(やっぱりオカンモード)

がんばったね!えらかったよ!よくやった!ステキだったよ!!
そんな気持ちで多大なる拍手を送らせていただきました





ではでは、ここからは
さくっとねたばれアリのれぽいきまーす







幕があがり、いきなりワケのわからん世界です
おどろおどろしいかんじ

妖怪?みたいなゆうちゃんさん、ちあり、フジサキさんが
「綺麗はキタナイ、キタナイは綺麗」とかって歌っています

オペラなくてもわかってしまう
ちありのまるっこさはどうかと思うぞ(ぼそっ)
ちあり顔かわいいんだから痩せたらもっとかわいいはずなのに!
もったいない~~~~!!

客席おいてきぼりのまま、しばらく舞台は進行します
(苦しかったので心底早くなんとかしてほしかった)

そこにサンジョルディの騎士@色違い版みたいな七帆が登場します
(これを見て今サンジョルディが流行りなのかと思った)
ちなみに金の部分をほぼ黒にして脳内変換してみてください

七帆が去った後、ひとりだけ場違いなくらい演技が上手い
ミオウちゃんが登場します
このコだけだとタカラヅカではなく
本物のオペラでも見ている気さえしてきます
(見たことはないから想像でしかないけども)

ここでミオウちゃんが出てきてようやくお話の中に入っていけるかんじ
とにかくミオウちゃんが怖すぎで…しょっぱなっから狂ってます
怖いんだけどね、魅力的すぎて目が離せないの

そして客席もすっかりお芝居に入り込んで
ななっぺが寝ている王様をナイフで刺し殺そうとした瞬間…



アリスたんが出てきます(重役出勤)


「きゃーーーーーーーーー!!!人殺し~~~!!!」


それを聞いて慌てふためくサンジョルディ七帆
「違うって!これは作り物…(ナイフをぺらんと折り曲げる)」

それを見てアリスたん
「きゃーーーーー!!!このひとナイフを曲げたわ~~~!!!」

このへんのやりとりが、あざとくない程度に
おもしろくってかわいくってほっこりしました

そしてなんとか誤解もとけて
(ゆうちゃんさんがその役だったと思う)
アリスたんのお話へ

アリスたんが言うには、お店の外観に惹かれて入ってきたところ
いきなりナイフで人のお腹を刺そうとしているひと(七帆)がいて
自分はてっきり殺害現場に遭遇してしまったのかと思ったらしい

そして全員で自己紹介
七帆の役名はアレックです
他にはコーネリアス@ちぎ、キャロル@るーみちゃん
ジュリア@ミオウちゃんなどなど

アンダースタディに居るメンバーの紹介が終わったところで
アリスたんの自己紹介

アリスたんの名前は「ハーミア」

名前を聞いた途端に役者モードになる七帆とるーみちゃん
(だったと思う…)←七帆は確実

そしてそれにまたもやうろたえるハーミア@アリスたん
なんでこうなったかを説明するときに
「役者はノリが大事なんだよ~」みたいなことをいう七帆

こうやって言ってくれたらいいんだよ!とアリスたんに言って
「オックスフォード大学出身なんですってね?すごいわ~!!」
と地声でおんなのこボイスがふっつーに出てしまう
長身男役のるーみちゃんはどうなんだろう(かわいかったけど)

そんなオックスフォード大学出身(仮)な
グッドリッチフーズ社長のマリエッタ@ノエル・グッドリッチさん

このひとが~オイシイ役どころなんだな!!
役者のタマゴな貧乏人のみんなに食事を差し入れするかわりに
(食品会社の社長さんだしね)
お芝居でのオイシイ役は彼がやってしまう、という

アリスたん@ハーミアの名前になぞらえて
妖精王オーベロンのお芝居をしよう!となりました



マリエッタのPUCKは最強だろ……!!!



客席はPUCKが出てくるたびに大笑い
おひげをつけたオッサンが、あのかわいらしい
妖精PUCKの格好してるだけでおかしいというのに
おまけに動くし踊るししゃべっちゃうんだもんな!
またしゃべり方が超かわいいんだよな!!
キモかわいいってアレのことか?みたいな



恋愛色はあまり強い作品ではありませんでした
キスシーンもないし
アレックとハーミアはまだ友達同士ってかんじ
うん、かわいいからよし!(でれでれ)

キスシーンはないものの
コーネリアス@ちぎ&ジュリア@ミオウちゃんが
ああ、結構付き合い長いのかな~みたいなかんじに見えました
(きっとイイ女なミオウちゃんのおかげ)

キャロル@るーみちゃんのお相手役は
対人恐怖症のロージー@まゆちゃん(千鈴まゆ)

ロージーは対人恐怖症で人形劇を通してしか
自分を表現できなかった、おんなのこ
この人形劇のときの声色の使い分けがすごかった
二役をひとりでやっちゃってるんだもんな

妖精王オーベロン役は鳳翔くんの美貌が最大限に生かされておりました
長髪銀髪で赤く豪華なお衣装を着ている鳳翔大…
これだけでとてつもなく高ポイントです☆(とくに長髪銀髪あたり)

そしてオーベロンの妻役はミオウちゃん
(オーベロン同様に赤く豪華なお衣装着用)
王様のせいで、目がさめていちばんに見たものに惚れてしまう役

そしていちばんに見たものは…わんこでした(着ぐるみ)
わんこに向かって愛の告白

そして、わんこが「わおーん!」と吼えるのを聞いて
真似をするミオウちゃん…

わんこ「わんわんわおーん!」
ミオウ「わんわんわおーーーん♪」

こうやって歌い(?)ながら
ぴょんこぴょんこ舞台をはけていくひとりと1匹…


か わ い す ぎ だ ろ ! ! 


犯罪的かわいさ!
(ひさびさに使ったなこのフレーズ)

ミオウちゃんはほんっと何でもやりこなしちゃうな!
カコイイ役からカワイイ役までどんと来いだ!

この劇中劇に出てくるわんこは
ゆうちゃんさん&りっちゃんコンビのところにも出てきて
とってもイイ味だしてくれてます
(ちなみに…中身はるーみちゃんです)

アリスたんとのロミジュリのお芝居のときに
いちばんイイ場面(キスシーン)目前で
妹のグロリア@さくらたん(妃宮さくら)が乱入してきたときの一言

「またお前か~!これからがいちばんイイトコなのにぃ~~!!」
と駄々っこしていたのがかわいすぎてたまりません!
「おとこのこ」ってかんじがしてイイ!!

「また」って言ってるのは、これまでにもお芝居している途中に
何回も何回もグロリアちゃんが乱入しているせいです





終演後の挨拶でななっぺが
しどろもどろになっていたのがかわいすぎました

ご挨拶での開口いちばん
「今日は~…が?ん?に?(はてなマーク乱舞)」



っか~~~~~~!!!



七帆はうちら親子を萌え殺す気か…!!!
(あれ以上やられたら七帆ファン死ぬぞ!!)

こういうところ、着実に
ワオヨウカの遺伝子が流れている気がします
ほっとけないかわいさ…



そんなこんなで、ますます七帆ひかるから
離れられないかんじになってしまった親子なのでした
この記事へのトラックバックURL
http://wanini.blog48.fc2.com/tb.php/6-da0350b0
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。