--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.12.28

エドモンの涙@12月24日雪組東宝千秋楽(中継)

12月24日雪組東宝千秋楽
はじめての中継に参戦してまいりました

ちなみに場所はメルパルクホール
お席は、1階の後ろのほうでした

とりあえず音響はものすんごい良い会場でした
スクリーンの向こうで本当にやってそうなぐらい(笑)

カメラがある位置も1階席の通路あたりで
ちょうど本当にそこに居るようなかんじで
かなりわくわくバーチャル体験ってかんじでした☆





お芝居は、のりたんが手加減知らずだった
最初っから最後まで全力投球だった

そうね、もうこのお芝居をすることはないんだものね
もうルシファーたんになることもないんだものね

ちょっと観てないあいだに
キム&さゆちゃんカップルがさらに進化していた

ムラ楽あたり(わたしが観たのは前楽ですが)の
イヴェットとは別人だった

イヴェットの心情が、痛いくらいにこちらに伝わってきました

ムラで観たイヴェットもセバスチャンよりも夢を選んだけど
ほんとにこのコは、ちゃんと夢を叶えることができるのかなあと
ちょっと不安に思うところもあった

東宝楽で観たイヴェットは、本当に
ちゃんと夢を叶えることができそうなコだった
絶対、あのコは夢を叶えることができるよ
あれだけ強い信念を持っているんだもの

セバスチャンの男前度はさらにあがっていました
ムラで観たときでもじゅうぶんすぎるぐらい男前だったのに!
おとづきけい、恐ろしいコ…!!

わたし、セバスチャンと付き合いたい(真顔)

元々キムのことは好きなほうではあるけども
これほどまでにトキメくだなんて思いもよらなかった

東宝楽の「もう、追わないよ…」は絶品すぎました!
かっこよすぎるぜキム~!!


そして、タイトルの如く
マルセルが死んで、それを抱き起こすときのエドモンは
右目につーーーっと光るものが見えました

はじめ、わたしの気のせいかなあと思ってましたけど
えりこスキーのお友達も言ってたんで間違いないと思います(笑)


あ、中継で不満だった点をちょろっとだけ述べさせていただきます

天国へ行く前にわたしのために踊ってくれ、と
ルシファーに言われてリリスが踊るシーンで
まーこの絶品すぎる素晴らしいダンスを映さずに
ただ突っ立ってるだけののりこを映しているのはどうかと思います
あそこでまーこを映さずにどうするんだよ…!!



一方、タランテラの中継ですが
映像班かなーり頑張ってくれてましたね

きっとココではこのひとを映す!とかいうのが
かなり綿密に計算された上でカメラ割りされてるんだと思います

台本とかにぎっしりびっちり書き込まれていそうなかんじ
だって、かなりいろんな場所映ってたもん

今までえりたんに夢中で、あまりキムやしなちゃんを観れていなかった
わたしにとっては、はじめて観るシーンが結構多めだったくらい

でも、一箇所だけ不満だったの

でも、きっとそのときに
カメラさんは囚われの男えりこを映してくれていたの…
すんごい複雑~~~!!(※えりこものりこも大好きなので)

ちなみにそのシーンとは
紫蜘蛛さんが銀橋に出てきて、くるっと後ろを向いて
威嚇するかのように羽根をがさがさがさっと振る振りのところです
あれ大好きなのに~~~~!!!

こういうとき、やっぱ視点を限られちゃうのって不利ね…

でも中継を観られただけでもありがたいことです
わたし、感謝しなければ…(リリス風)

大好きな大西洋の綺麗すぎるコムまーでうるうるっときて、
そして、何故か(失礼)アマゾンのちかたんのソロで号泣
楽しすぎるのに相変わらず弱いようです…

ちかたんの次に歌うえりこでも号泣
えりこーーーーー!!行っちゃやだよーーーーーーーー!!!

ちかたんとえりたんの並びが実はものすごい大好きでした
全ツ以来、このふたりの組み合わせが大好きで
このふたりがトップさんと2番手さんになる日を夢見ていました
このふたりが男役同士で(ポイント)がっつりと組んだ作品が観たかったな

アマゾンに出てくる黒い蜘蛛さんなのりたんが
とても綺麗で、楽しそうで、ここでも号泣(泣いてばかり)

でも、いちばん泣いたのはカリプソだと思う…
(※カリプソ=アマゾンのえりたんソロ銀橋シーン)

えりたん~~~!!
ずっと雪組に居てよーーーーーーーーーー!!!

雪組が大好きだから
ずっと雪組のえりこで居て欲しかったの(ワガママ)


サヨナラショーがはじまる前の、えりたん組替えご報告でも号泣
えりたんのご挨拶は、とても立派でした

行かないでよーーーーーえりたんーーーーーーーーー!!!

このひとのことが観られなくなるわけではないけれど
それはそれで、かえって、そっちのがさみしいのかもしれない



サヨナラショーは、ゆっさんの一人勝ちってかんじですね☆
袴姿で階段を下りてくるときのあの貫禄はナニ!(笑)

名前を呼ばれて階段を下りてきて、定位置に立ち止まって
そして右をみて、満足げにうなづき
左をみて同じく、満足げにうなづき

どこのトップスターさんですか!!(爆笑)

しかもすんごいいいこと言ってるのに
声がどう聞いても悪人声だよ、ゆっさん!!


まーこのご挨拶
まさか「朝海さん」という言葉が聞けるとは思わなかった
うん、ちょっと流れ的に言ってほしいなあとは思っていたけど(笑)

こんなかわいくって素敵なヨメをもらった
のりこは世界一しあわせな野郎だと思う(真顔)

「お側に居れて、しあわせでした」だっけなあ…(うろ覚え)

感謝するのは、のりこのほうだと思う
むしろ、俄かコムふぁんとして、まーこには感謝してもしきれない

なんだか今月のVISA誌が珍しくかなーりコムまーらしいので
そのうちなんとかしてお買い上げしないと!!(気合い!)

のりこがまーこのことを語るだなんて珍しすぎる…
なんだかんだで、やっぱりコムまーのことは別格だったんだ


アンコールまでは、いつもどおり
ひょうひょうたんたんとしていたのりこですが
(崩れないようにめちゃくちゃ頑張ってたんだと思う)

お前は一時期の檀れいか!っつーくらい
ぱしぱしまばたきをしてるなあと思っていたら
最後の最後で、右目につーーっと光るものが見えたのをわたしは忘れない
この記事へのトラックバックURL
http://wanini.blog48.fc2.com/tb.php/36-0c2fe7fa
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。