--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.12.27

出逢うために生まれてきた二人@ヘイズ・コード

とうこあすかという素敵すぎるカップルを観れている、というしあわせ
もうね、本当組むべくして組んだってかんじがしました

今までのすべては、こうしてふたりが
一緒になるためにあったんだと思います


以下、何故かかしこむ語りがあったり(爆)
ねたばれがあったりしますのでお気をつけくださいませ





組むべくして組んでいるんだ、だとか
このふたりを観れているということ自体がしあわせ、と
今までわたしが思ったことあるのは、タカハナとカシコムでした

カシコムなんてね、本当皮肉だよね
あんなにお似合いなのに
お互いの良いところを引き出すことができる相手役さんなのに
そんな相手役さんに出会えること自体が奇跡としか言いようがないのに
でも、ふたりは、本当は男役さん同士で

それゆえにオイシイはずの敵役とかさせても
なんだかどこかが妙にズレてたりおかしかったり
そのふたりが、最後にした役は
お互いがお互いを愛している役で
天国の場面なんて観ていてまばゆいくらいに美しくてお似合いだった
あまりに綺麗すぎて、観ているこちらの目がつぶれそうだった(真顔)

これから先、わたしがどれくらい
ヅカヲタを続けるのかなんてわからないけれど
かしこむ以上にわたしのツボにストラーイク!なカプには
二度とめぐり合えないだろうなあ、と思っております



前置きが長くなりましたが
(カシコム話りには、ついつい力が入ってしまいます☆)
星組ドラマシティ公演「ヘイズ・コード」の
12月25日14時公演を観てまいりました


リビィ@あすかちゃん
はじまってすぐに、もちろん羽根などはないのですが
観るからにトプ娘役!という格好のあすかちゃんが出てくるのですが
この時点で、すでにうるうるっと(早いよ)

あすかちゃんがね、本当しあわせそうで
そしてしあわせなあすかちゃんはこの上なくかわいくって
よかったね、という気持ちでとにかくいっぱいでした


ウッドロウ@とうこちゃん
お声の調子がよろしくないというウワサは耳にしておりました
お歌はすべて録音で口パクでした…
お声は、ウッドロウという男がかなり低体温な男だったので
これはこれでアリかな、と

むしろ、ちょっと掠れ気味でハスキーで
これがまた男の色気ってかんじで
わたしはこれはこれでツボでした(プラス思考)

もちろん体調が万全なのに越したことはないんですけどね
とにかく明日が千秋楽ですし、それを終えて一刻も早く完治させて
青年館では完全体なウッドロウを観せていただけたらな、と思う次第です
わたしは行けないので東京組さんのレポ、待ってます☆(ちゃっかり)

とうこあすかは、学年の差はあるはずなんですが
どちらも実力派なので力量的には対等な気がします
こういうカップルを観るのって、はじめてな気がする

これからこのふたりがどんだけ色んな組み方をしてくれるのか
そういうことを考えただけでわくわくする!

カタブツぶってる安蘭けいがとにかくツボでした!
かっこいい!!かっこよすぎる!!

こないだまでチャラチャラした役やってたくせに~~~
(※愛短のアンソニーのことを言っているらしい)

もっと言っちゃうとアイーダちゃんとかやってたくせに~~~
(※さーやさんが初めて観た安蘭けいはアイーダちゃんでした)

そしてカタブツぶってるウッドロウ氏が
たまーにみせるやさしい顔がまたストライク!
きゅんきゅん来るぅ!男前~~~!!



気がつけばサマービルくん(水輝涼氏のことをこう呼んでいる)を
探してしまっているわたしが居ました
(※サマービル=フェット・アンペリアルでの水輝涼氏の役名)

金髪オールバックでかっこつけてるだけで素敵すぎる
紅ゆずるは反則だと思います!
このひと美形すぎるよ…

オールバックというのはえろい、とよく耳にはしていたのですが
どちらかというとはらりマンセー派なので
今まであまりそう感じたことはなかったのですが
今回、身をもって実感いたしました
紅ゆずるのオールバック姿はデコあたりから
なんかえろビームが出てました、きっと(真顔)

ていうか、ゆずるかっこよすぎてどうしよう…
このひとは探さなくても不思議と目に入ってくるわ~
大劇場でも、もっと良い役がつきますように☆

みなみちゃんとゆうほさとるの夫婦が
バカップルで観ているこっちがはずかしい!
みなみちゃんはおっきいけどかわいいなあ~(でれでれ)
すっかりコメディエンヌな器用なみなみちゃんが好きだーーーーーー!!!

牧師(神父さま?)のにしき愛ちゃんがすごい目立っていてビビる
タクGってばアテガキ上手だなあ(褒めちぎり)
(※さーやさんは極度のタクG贔屓です)

タクGの作品は、ヅカヲタでも楽しめるし
一般の方でも楽しめる作品だと思うのですよ
お話の破綻とかも、ないほうだと思うし
何も知らない状態で観ていても登場人物が魅力的だから
キャラ立てが上手いというか

カールトン監督@しいちゃん
いつ観ても、小劇場のしいちゃんがかっこよすぎる罠
大劇場では…もごもごもご……
なんだあのイケメン!
なんだあのスタイルの良さ!
顔ちっちゃ!足長すぎるんじゃ~~~~~!!!
しいちゃんの金髪+スーツ姿に激弱いです
あ、でも黒髪だけどアンドレはめっちゃくちゃかっこよかったです!(しゃあしゃあ)
こう見えて、けっこうしいちゃん大好きみたいです

ヘンリー@すずみんは、脇役に適していると思う
カンが良いというか
脇でガッチリとお芝居を支えれるひとだと思う
名脇役ぶりが見るたびにあがっている
すずみんパパンがどう思ってるかなんてわたしはわかんないけど
主役よりは脇役のが光ることができるひとだと思う
脇役が居ないと、主役も光ることができないんだもの

実は今回のキーパーソン、ミルドレット@コトコト
このコの動向でまわりの動きのすべてが変わります
純粋すぎるお嬢様でした
ウッドロウのことを「レイ様」と呼びます
猛犬から自分を助けてくれた「レイ様」はわたしの王子様だそうです

そのミルドレットの幻想シーンでの
少年とうこちゃんがむっちゃくちゃかわいかった!
髪の毛が茶パツでさらさらでね~
思わず、今回の持って帰りたいひとリストに入れておきました

あ、でもむしろ今回は
カールトン監督に持って帰ってもらいた…(もごもご)
しいちゃんカッコヨスーーーーーーー!!!

しいちゃんはルックス良しでやさしくってあたたかくって
こんなひとの彼女になれたら本当しあわせだろうなあ、と思うの
めちゃ誠実そうだしね
ぜったい浮気とかしなさそう(笑)
(役名で言いましょう。誤解を受けます)←某さんのパクリ

ちなみに壮さんは、ほっとくとさみしくって浮気しちゃうと思うよ
本人はそのつもりなくってもなんせイケメンなのでまわりが放っておかなくて
誘われちゃったら気を紛らわすために乗っちゃう、みたいなかんじがします
(役名で言いましょう。誤解を受けます)←ブーム


ちなみに12月25日だったのでアンコール?で
とうこちゃんがサンタクロースに扮して出てきました
ヒゲとかはなくて、帽子とサンタ服でした

そしてそのままみんな客席降りで
お菓子(に見えた)を配り歩いてました

これをみて、そういやクリスマスだったんだよなあと
はじめてしみじみと実感いたしました(遅)

おっきいカメラが3台くらい入っていたので
DVDの特典映像とかになるかもしれないですね~
なったらいいなあ
ものすんごいかわいかったから(笑)


俄かコム担として「12月24日」というのは
その「日付」としか意味を為さなかったので
それが「イヴ」だとか「クリスマス」だとかいうのは二の次で
ただひたすら、この日が来なければいいと思っていたので



唐突にまとめ

今回、この公演を観て思ったことは
やべぇ~ほしぐみちょーたのしいかも!でした

とうこあすか大好きだーーーーーーーーーーーーーーーー!!!
この記事へのトラックバックURL
http://wanini.blog48.fc2.com/tb.php/35-503d7e8b
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
本当に、私もさーやさんの意見に烈しく同感です!!!

カシコム以上のベストカプには二度と出逢えないと思いますもん(泣)
つーか、この二人の神々しいばかりのイチャイチャ振り(モトイ)
ラヴラヴ振りがリアルに観れた事に感謝してます♪

私ホントは・・・アンチベルバラだったんですよ(苦笑)
劇画オスカルファンだもんで(汗)
だから歴代のベルバラ組にはあんましテンションが上がらなかったんです。
でも・・・雪ばらは違ってた~~~(力いっぱい)
しかも・・・カシコムのオスカル&アンドレは更に!
今までの私の常識を720度くらい引っ繰り返してくれた!!!

もう毎回口をアングリ開けて見入ってましたよ(笑)
余りに美しい二人で、余りに人間離れした二人で、
ガラスの馬車でホントに天国行っちゃいそうで(泣)
ってか、今となっては本当に二人してガラスの馬車で逃亡企ててる感じですが(禁句)

あ。(思い出した様に言うな)
トウあすも超期待してます♪
この二人って新婚なのに慣れてますよね!?(何が)

Posted by 舞奈 at 2007.01.03 23:47 | 編集
烈しく同意ありがとうございます!

もうね、本当なんでカシコムは男役同士なんでしょうね…(うなだれ)
わたしの中では、かのタカハナをも上回るくらいの
究極のベストカップルなんですけどねえ~~~!!

わたし、なんだかんだでタカラヅカのベルばらは
「タカラヅカのべるばら」として、原作とは別物として好きみたいです
もちろん原作を忠実に再現してくれればもっと言うことないですが(もごもご)

カシコムのアンドレ&オスカルは
舞奈さんの常識を、2回転させてくれましたか!!(笑)

二人でガラスの馬車で逃亡!まさしく!!(爆)
姫が先に馬車に乗って王子を待ってるかんじですよね♪(こら)

そうなんですよ~~~
とうあすは、コパで初めて組んだとは思えないお似合いっぷりなんです☆
良い意味で初々しさがないカップルってのもいいものだなあと思いました!
Posted by さーや at 2007.01.04 14:38 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。