--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.08.24

太王四神記ばーじょん2れぽ

 
ものすごくひさしぶりに他組の
公演れぽを一生懸命書いた気がします(笑)

やっぱ太王四神記はイイねえ~!
太王四神記、大好きだよ~~~~~!!

↓ けっこう長いです




★1幕

オープニングから、いきなりアブルランサです
しょっぱなからプルキルキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

(※すずみんのプルキルは呼び捨てです)(悪気はない)


*キハが烙印を押されるシーン

少女キハの肩が丸出しじゃなかったのに
ものすごく現実に戻されました…

その肩のストラップ必要か?
キャミソールみたいにみえてめっちゃ萎えるんですけど…

キハに烙印を押すと、その力で若返ったプルキル
(結構早替わりでした)

「キハ…お前の力は私を強くするのだ!」

うひゃあ~!
めっちゃ悪者王道!みたいな台詞じゃないっすか☆
こういうの大好き☆
(壮さんにも言ってほしかったな…)


*プルキル新曲

たしかに、すずみんの声質にはこっちが合ってると思う
(そして壮さんにはやはり「眠れ愛し子よ」のが合ってる)

んでもって、プルキル新曲にて
はなぐみ版オープニングのファヌン様のお歌にあった
四神の内容がすべて説明されております
(白虎!風を起こせ~♪のやつ)


全体的に、はなぐみ版よりも
ミュージカル色が強くなっているとなあと思いました

とくにびっくりしたのが、天地神堂
神のお告げがミュージカル口調になってるんですけど!!

そして、聞いてはいたけど歌わない大神官@ゆずみねーさん(笑)
コロちゃんに憑依したらしくコロちゃんが歌ってました
うまいことやりよるな~!

ソスリム王は、ヤン王の前の王様ってことでおっけーですかね?
(はなぐみ版に居ないひとのことはわかりません…)

それにしてもヤン王@ヒロさんが
めっちゃくちゃかっこええええ~~~~~!!!
すげぇ威圧感!

某あきちゃんもブログに書いてたけど
星原センパイのヤン王のがやさしかったなあ
これは単に好みの問題


*タムドク@子供時代

タムドクが隠れた柱の影で、キハと
出会うエピソードは効果的だと思いました

タムドクにヤン王が言い聞かせる
能ある鷹は爪を隠す→蒼穹の彼方へ、の流れが
わかりやすくてとてもステキだと思いました


カクダン@あおのゆきちゃんがちょーオトコマエです!
…りせちゃんよりもオトコなんじゃね?(真顔)

はなぐみ版でひそかにツボだった
チョク・ファン→カクダンは無しかぁ~~~~

(チョク・ファン@しゅん様→カクダンりせちゃん萌え!)
(カクダンが死んだ後のチョク・ファンとか必見でした!)


*城壁

そして増えていた場面の中で、イチ押しの城壁
ここのタムどんとホゲがかわいいの~~~~~~!

近衛隊を追い払ってから「よし、もう大丈夫だ」と言って
ホゲを呼んであげるのがとってもツボでした☆

すげぇさりげないのね、タムどん
「お前たちも見るか?」と近衛隊に言った後
近衛隊(というかカクダン)自らの意思で去って
そのあとでホゲを呼んであげるんだなあ~
こういうの好き!

「君が王なら♪」で、ホゲが自分の事を
「俺」と歌っているのがとっても違和感でした…


*キレイな子が居る店

タムドクに「よく行くの?」と聞かれたあとの答え

ゆうひさんホゲ → まぁな
おテルのホゲ → たまにな

遊び人度が違うのにニキニキ☆


*ポンファ通り

質問です
魚を持ってて黄色い服に緑のベストを羽織っている方は
どなたですか?
わかる方がいらっしゃったら教えてください☆


*スジニ登場

みやたんは見てくれはカワイイけど
どうにも声がオトコマエすぎるんだよなあ…
この声だったら男役じゃないともったいない気がします
2幕は痛めたのか疲れたのか、さらにハスキーになっていて心配でした


*タムどんにトリカブトの毒を見破られてから

セームがキーキー言わなくなっていて
これはこれで…
というか、こっちのが怖いです……

ちなみに、毒の仕入先がプルキルなのにびっくりしました(笑)
たしかに商人設定なのでおかしくはない…よねえ?


*「もし私が男だったら~」のくだり

ヒステリーじゃないのね、ほんとに狂ってるのね
「お帰り…賢い悪魔」にはぞくぞくしました…


*ホゲの好きなひと

ほんとにキハのこと今まで出会った中で
「一番美しい巫女」とは思ってなさそうなホゲでした

全編通してみて、ところでホゲの愛は
ドコに向いてるんだろう?と思っていたのですが
あきちゃんのレポ読んで納得!
そうか!タムどんか!!
なんていうか…たくさんの点が1本の線に繋がったかんじです
そのへんを念頭に置いたうえで、もう1回観てみたいなあ~

なんでおテルの男役って、男好きに見えるんだろう……
(忘れ雪の鳴海くんも桜木くんラブすぎてどうしようかと思った)


*武道くじ~武道大会

チュ…チュムチ@さゆみから目が離せないんですけど!!
チュムチかわいいよぉ~~~~~!!!

さゆみチュムチはパソンの妹タルビ@せあらちゃんに夢中でした
このふたりかわええのぉ~(でれでれ)

さゆみのデコ(エロビームが出ます)が
トサカで隠れてんのが残念なようなチラリズムで萌えるような…
(どっちやねん)

セドル@しーらんがあまり田舎モンに見えない件
むしろ、前髪がもっさりありすぎてカワイコちゃんに見えた件

よっちのセドルが恋しい……(えぐえぐ)
(おいら、よっちのセドルにめちゃくちゃ夢中でしたからね)


武術の天才であるホゲの戦い方が、やけくそでした…

ゆうひさんのホゲは止めるところはきっちりと止めて
キメるところは、きっちりとキメていたのですが
おテルのホゲはがむしゃらに
「うおら~~~~~!!」ってやってました
たしかに、このホゲにはこっちのが合ってるのかもなあ

銀橋で戦った後、上手から「どけ~っ!」と言いながら
チュムチたちに道を開けさせて舞台に戻ってくるのですが
これも迫力負けだったかなあ…

ついつい比較しちゃってますが
どっちが良いとか悪いとかではないのでご了承くださいませ
こっちはこっち、あっちはあっちで良いと思います
後は好みの問題


*高句麗内あちらこちら

はなぐみ版で不思議というか不満に思っていた点
フッケ将軍(セドルのおとーさん)だけが
チョ・ジュド@みきちぐの歌に騙されないのです
(まりんさんは微妙に演技をしていたと思うけど)

でも、ヨン・ガリョ@にしきラブに
「息子がどうなっても良いのか?」と脅されて
やっぱり王宮に行かされちゃうんですけどね

ちなみに、にしきラブのヨン・ガリョはおいら好みでした
でもソルーナさんのも見てみたかったなあ…
(にしきラブはソルーナさんの代役なのです)

やっぱり「別れの儀式」とやらで
タムドクとキハにキスさせてあげるホゲ

ここで、ゆうひさんのホゲはタムドクにイラッとしていて
おテルのホゲはキハにイラッとしているんだろうなあと思いました(おい)

この「時を抜けて」ソングで地図みたいなのを前に
全員が歌うところでの舞台下手に居るおテルが
すげぇ、にやりとしたあやしい顔でどきどきしました…
だいぶイっちゃってる感が駄々漏れ……


*何かが私を跳ね除ける

プルキルの「ばいーん!」がないんですけど!!
(ばいーん=吹っ飛ばされて床に手をつくプルキル様)

じっとプルキル観てないとわかんないぐらいの
ちょっと手が上に上がった?くらいの変化でした
これ、わかりづらいよ~!


★2幕

*コムルの民とタムドク

ここの変更がほんっとうにうれしい!
ぶっちゃけ、はなぐみ版のタムドクひどかったもん…
忠誠を誓ってくれているコムルの民に向かって
「そんなことよりも」ってナニよ!?
(ルサンクを見比べてみてください)

そして、ここで神話(四神)の説明
ネバセイのサンジョルディ風になっていてわかりやすくて良いです
サンジョルディは人形だったけどやってることは一緒です
しかも、とっつきやすいしな~
そういや、ネバセイと演出家同じ人だったなあとしみじみ(笑)


*神の裁き(カウリ剣の儀式)

ちょっ…!プルキルさん丸見えなんですけどっ!!
プルキルは柱の影からこっそり見てるのがイイのにぃ~~~~!

そして、これまたうれしい変更点
キハに剣を刺されて死んだタムドクは、一定時間動きません
お国が違うのに日本のたとえで申し訳ないんですが…
1回、三途の川まで行きかけて戻ってきたかんじです
はなぐみタムドクは首を1回まわしただけで戻ってきてたもんな
ありゃあ早すぎるわ


*カンミ城

やっぱチョロ@真風も薔薇様みたくバイトしてたのかな…
ぜんっぜん観てなかった(捜せなかった)なあ~

てかチョロがナルシストじゃなくて違和感…
あれは、やっぱ薔薇様オリジナルだったんだね☆

(このごろ薔薇様が好きすぎて困っています)
(全ツコルドバでオチました)←ちゃっかり観てる

タムドクに心臓を刺されたあとの
チョロの神器を出す位置が変わっていたように見えました
前は胸元に手ぇ突っ込んで出してなかったっけ?
(なんか専用のポケットみたいなのがあるように見えた)

顔の皮膚の取れ方もやや違っていて
顔を右向けたり、左向けたりしてました
最後にがばっとのけるのは変わってなかったけど
(これはしょうがないと思う)

そして、仮面も青い皮膚もなくなったチョロ
スジニは「案外イイ男だねえ」と言っていたけど
客席の大半のヅカヲタはみんなこう思ったに違いない!!

「ミズ…ナツキさんだねえ……」と!

似てるのはよくわかってたつもりだったけど
全然顔が出てなかったところに、いきなり顔が出てきたら
ほんっと!ちかりんにそっくりなんだもん!!

「これが俺の顔…」も、うっとりしてませんでした
もう~!薔薇様ってばオリジナル多すぎ☆
そんな薔薇様が大好き!

(フィフティも観ました!神父様かっこよすぎ!)←やっぱりちゃっかり観てる


*靺鞨

あまり狂気を感じられないホゲです
そしてチョク・ファンが物足りません…
しゅん様のチョク・ファン大好きだったなあ!
いっぽう、どいちゃんイルスは
なかなかにかっこよくてどきどきしました☆
イルスとチョク・ファンはめちゃくちゃオイシイ役だよなあ


*水晶玉とプルキル

あとの話に繋がるので変更するわけにいかないんだろうけど
(じゃないとスジニ=妹エピソードが難しい)

やっぱり間違えて、前世の記憶ではなくて
消したはずの記憶を蘇らせちゃうプルキルさんなのでした☆

「お前は火天会から逃れられない運命、忘れるな!」と言って
上手花道に消えていくプルキル

マントは持ったままはけてほしかったなあ……
(歩いている途中で手を外しちゃうのです)


*ホゲ帰還

ものすげぇ変更点がありましたよ、ここ

「俺が愛したのは炎の巫女」の曲の最後
ゆうひさんのホゲは顎を掴んで
かなり強引にキハにキスをしていました
(そしてその後、あやねちんが口元を拭うのが萌え)

おテルのホゲは顎を掴んでキスしようとしていたら
キハにふいっと逃げられちゃってた!

ホゲ、キハにキスできてねえ……!


*サリャン暗殺

ここも、かゆいところに手が届く台詞変更アリでした
まあ別に前のでも納得できないことはなかったけれども

「チュシンの王の子供を殺して、その血で神器を洗う」
→「世界が手に入る」

この説明にハテナマークだったおいらとしては
これが「火天会の秘術」という理由をつけてくれたので
とっても納得しやすいものになりました

そしてとくに変更ナシの暗殺シーン
プルキルが隠れてる幕も出てくる幕も一緒

違っていたのは、サリャン暗殺後
かんざしを仕舞うときに後ろ向いてたぐらい?

それにしてもここのホゲはイイですなあ~!
ゆうひさんの足蹴もよかったけど、おテルの足蹴も大変良い!!

ただゆうひさんがドSに見えたのに対して
おテルのは…女王様に見えた(なんだそれ)


*戦場

ここも思わず目がテンになってしまうような台詞が
ひとつ追加されてました

死ぬ間際のホゲの台詞
「キハが産むのはお前の子だ」のあとに
「俺は指一本触れていない」という台詞が追加です

そんなこといちいち言わんでも~!(笑)

まあ、たしかにキスひとつできてないし
ていうか、ホゲはタムドクらぶでキハに興味ないしなあ(違)


*プルキルVSタムドク

そんなに変更点はなかった…と思います

はなぐみ版ではプルキル様しか観れなかったので
逆に神器の護り主とかタムドク軍を観てみたりしてました

「カジン様!火の力を我に!」の後に
おじいちゃんになる(というか戻る)のも一緒

最期はタムドクに「退け~!」って言われて
斬られちゃう(たぶん)のも一緒
(これは変更できなかったのかな…)

はなぐみ版の東京プルキル様と一緒で
斬られた後にはくるりくるりと大きく回転していました
そして消える(はける)


*チュシンの歌手

おテルの衣装が地味なのがさみしいなあ
そして今回、けっこう上手花道よりだったのすが
歌い終わったあと、うしろに朱雀ロケットがスタンバイしているのに
走り去ることもなくゆったりのんびりと歩いてはけるおテル…
足が悪いからだと思うけど(ていうか、そう思いたい)
ものすげぇ優雅な歩きっぷりだったのでツボでした!!


*青龍CLUBMIX

なんだよ、プルキル出れるんじゃん…!
しかも歌も歌ってたよ!(ちょっとだけど)

すずみんは髪の毛さらさらで爽やかだからか
ココに出ていてもあんまり違和感ありませんでした

しかも、あやしい系メイクではあったけど
そんなに怖い系メイクではなかったしな(笑)

まぁくんの位置に居るさゆみにちょっと感動してみたりしました
たしかにチュムチだったけどさあ~
それにしてもすごいわ!

ていうか、これ1回でいろんなひと見つけるのとかムリっ!(笑)


*玄武ファイターズ

おテルが居ないからか、れおんくんが
くるんくるんとひとりで踊ってるシーンがありました
おテルが居るやつも観てみたかったなあ~という気持ちでいっぱいです

そして青龍以上に誰が誰かわからないので(動きも早いし)
全然見つけれてません…

さゆみドコぉ~~~~!??(見つけれなかったひと)


*白虎ボレロ

ボレロの前にねねちゃん+男役3人で
軽く組んで踊っているシーンがありました
(多分れおんくんお着替えタイム…)

れおんくんは多分、上の服だけを
替えてきてるんだろうなあと思いました


*フィナーレ

シャンシャンが変わってる!
でもこっちが良かったとかいうのは別にないなあ

それにしても口ずさみにくいパレードの歌だな…
なんかものすごく覚えにくい

おテルとねねちゃんの部分だけが続投で(たぶん)
後がごっそり変わっていて、花担としては
ちっとも馴染めませんでした…


---------------------------------------------------


昨日(23日)壮担友達と一緒に観てきました☆


観劇後、ふたりして
はなぐみ版が恋しくなりました…

帰ったら、即座にプルキル様(※壮さんのプルキル)に
お会いしたくなりました…!

まだお会いしてないですけど
(朝から晩まで遊んだのでばたんきゅーだった)


はじめてみるはずの作品なのに
知ってる場面や知ってる曲や歌が流れるのが
不思議で面白くて、しょうがありませんでした

おいら、これ歌えるよっ!みたいなかんじで
思わずメロディに合わせて歌いそうになる始末
(さすがに歌わないけど)

太王四神記は、やっぱ曲がイイよね~~~~!!!


ふたりとも、かなりの回数はなぐみ版を観てるもので
脳内にある声と違う声が流れると…ものすげぇ違和感……

ヒョンゴまっつ&コ将軍むーさんが恋しくなってみたりしました
イイ声さいこうっ!!


後出しの改定ばーじょんのが、やはり観やすくはなっていました

退屈に感じてたシーンが上手いことアレンジされてるし
ややこしくてわかりづらかった説明もわかりやすくなってるし

しかし…
初演を観てしまっていると、初演にはやはり敵わないものです……

(おいらの場合ファントムにもこれは言える)
(ようかたんのエリックらぶ!)


初心者さん(一見さん)に「これ面白いよ~!」と
オススメしやすそうなのは、ほしぐみ版だなあ…と思いました


が、
プルキル様(※壮さんのプルキルを指しています)を観て欲しいから
やっぱり、はなぐみ版を観て欲しい~~~~~~~~!!(笑)
 
この記事へのトラックバックURL
http://wanini.blog48.fc2.com/tb.php/281-8f508911
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。