--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.11.01

10月29日前楽・サヨナラショーれぽ

ちゃっかりと、10月29日に
はじめてのサヨナラショーも体験してきました(笑)


今さらですが、ねたばれしまくりなので折っておきますね~



10月29日前楽・サヨナラショーれぽ
幕があるうちに何もない幕の上に
光で、いつもののりたんのサイン(書き方までわかる)

(ちかりんの言っていた「あさみひかる、てん」の意味がわかった)
(ちなみにこのひと、コムって書くときも「コム.」って書きますよね)

幕があがると白い階段に白いお衣装ののりたん

階段に当時の映像をうつしながら
我が名はオスカル
ロッソの歌(タイトルど忘れ)(真紅~?)
まーこが階段の上からやってきて、レ・コラージュ
ジョイフルの結婚式の音楽でちょろっとダンス
ワンダーランドのガイと淑女のデュエットダンス(台形もあり!)
淑女が去ったあと、階段上にはガイが勢ぞろいで
ガイ総踊りをやってくれます
(のりたん以外は中に金ベストで黒ジャケット?)
ちゃんとのりたんオトコマエな番長ウインクしてくれました☆

それにしてもすごいなあと思ったのは
お衣装や格好は全然違うのに曲が変わると
一瞬にして違うひとに変わってしまうところです

ウェービーなオスカル鬘をつけているわけでもないのに
我が名はオスカルを歌うのりたんは、やっぱりオスカルで
(まあお衣装は白いのでこの場合ちょっと近いものがあったけど)

全然違うお衣装を着ているのに
ロッソの曲で銀橋を歌いながら渡り
おまけにセンターでしゃがんでしまうのりたんは
どうみてもロッソちゃんだった

のりたんが去って退団組で銀橋にてタカラヅカグローリー歌い継ぎ
(ゆっさんは0番センター☆)

上手スッポンから灰色のコートにお召し替えのりたん出現
(レコラのOPのやつだったと思う)

ねむつきの中納言と式部卿宮をのりたんひとりで歌いあげ
(後ろに弓を持ったゆっさんが歩いてました)
(わたしの脳内では宮様がハモっていました)←器用

んで…
その次はまた退団組フューチャーだったと思う

(※ここらへんから順番がわからなくなります)

(なので順不同)
ロマパリ(コムまー)
ジョイフル
のりたんがセリ下がりワンコーラスだけ大和よ
→泣くのはやめた(水色ドレスまーこ)
(これ泣くっちゅーねん!反則!涙)
銀狼のオープニングのやつ(不思議なダンスのやつ)←好き
(まーこはミレイユ風だった)
ジョイフル明日(タイトルうろ覚え)
(パンツスーツのラインダンスみたいなのアリ)

あと、なんかみんながうしろでえりたんがひとりでふわふわ踊って
んで、ちゃんとキムえりもあって!

なんだか異様に特別扱いしてくださっていて
このひとも辞めるひとだったっけ?とか一瞬思ってしまった
元花ッコと言えども「愛燃える」から、ずっと居た雪組ですものね
ゆきぐみとは、サヨナラなんだもんね
間違ってないっちゃ間違ってない


まだなんかあった気がするけど忘れてしまった…


最後は帽子をかぶってコートを着たヴァンサンでした
(よくみるヴァンサンの恰好)

そして、「本日は本当にありがとうございました」
みたいな、のりたんのちらっとご挨拶で一旦幕

鳴り止まない拍手の後、アンコールあり

ヴァンサンのりたんがセンターで、組子みんなに見守られながらご挨拶
(どこかで見たような光景だと思ったら新公のときってこんな配列だよな)

「宝塚に居れてしあわせで、みなさんに会えてしあわせで…」
みたいなことを言っていたと思います

「しあわせ」という単語を2、3度言っていたはず

ぶっちゃけ、この方のご挨拶って
投げやりっぽいときが多いと思うんですけど
(当り障りのないことをちゃちゃっと述べる傾向がある)
(大劇以外の公演楽では、たまに酔っ払ってるときもあるけど)

真心のこもったご挨拶だったと思います
この方のわりには、よく喋ったほうだと思います

前楽はご挨拶がないということを聞いていたので
こんなに喋っていただけると思っていなくてびっくりでした

今回、貸切公演を一度も観劇していないので
のりたんの終演後のご挨拶自体が初めてでした
ちょっと得した気分



今回はじめてサヨナラショーをみて思ったことは
リアルタイムで、ナマで観ている作品ほど
当時のことを思い出して重ねてしまうので(思い入れがあるから)
うれしいような悲しいような複雑な気持ちになってしまうということです

ジョイフルとかロマパリはナマで観ていないので
わたしは、そんなに涙腺を刺激されませんでした

ガイ総踊りなんて本当大好きで!
(なんせ去年ワンダーランド14回みてますから!)←あふぉ

大盛り上がりで観ていた当時の記憶が蘇ってきました
(ちなみにちかりんとゆっさんが2トップの位置でした)

まさか、また観れるとは思わなかったよ

うれしかった
(うれしいだけではないけどね)←複雑
この記事へのトラックバックURL
http://wanini.blog48.fc2.com/tb.php/27-d4ed6bf1
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。