--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.09.25

心底、ねむつきが大好きだ

もう、先月からうきうき
わくわくどきどきしすぎでしたから!


本日は、そんな「ねむつき」こと
「睡れる月」福岡千秋楽の初回ランでした

ナウオンも観たかったので20時までには
珍しく早々とお風呂にも入っちゃって
気合い十分で観劇に臨みました(テレビの前でスタンバイ)


本当、中納言様は格好良い
この場合はいつものようなカコイイではなくて
あくまで「格好良い」のほうでお願いします(こだわり)

中納言様ってば、男前で素敵すぎる…(うっとり)

のりたんの演じた男役で
唯一、結婚しても平気そうなひとだと思います
このひとだけだよ、こんな誠実そうなの…


中納言様の大君への接し方が紳士で素敵

「大君、私が今まで約束を守らなかったことがありましたか?」
ここの場面は何度みても素敵すぎてどうしようかと思います


宮様はあいかわらずのブラコンぶりを発揮しておりました
結局のところ、このひとがすべての元凶なんだよなあ
中納言(信御津)たちの為に、何とかしよう、
もっと良くしよう、としたばかりに色々な出来事が次々と降りかかる
自分の首を自分で絞めてしまっているかのような印象をうける人です
とても不器用な人なんだと思います

それにしても日本物のかしちは本当に綺麗…(うっとり)
他の追随を許さないとばかりの溢れんばかりの美貌

かしちの宮様を見ていて思ったのですが
わたしはおそらく腹芸の上手い人が好きなんだと思いました
かしちの腹芸は、本当天下一品かと(べた褒め)

目は口ほどに物を言う、とはよく言ったと言わんばかりの腹芸
日本物独特の腹芸

かしちは常に腹芸役者
なので、コパのような軽快でトントン拍子に事を
運ばないといけないような作品には
どうにも向いていないのだなとしみじみと思いました

そして腹芸役者ゆえに、
独り芝居が上手い人なのかなあと思ってみたりしました



気がつけばかしちとこむちのことばかり書いてしまっていますが
そのうちもっと詳しく感想を書きたいと、思ってはいます…
(思うだけかもしれない)
この記事へのトラックバックURL
http://wanini.blog48.fc2.com/tb.php/18-25f63397
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。