--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.07.17

かけがえのないもの@ディナー&頭の中将トークショーれぽ

 
ホントに、この名前だったんだ…!

ホテル入って案内看板見てびっくり!
ほんとに書いてあるんですけど…すげえや!

一般の方は頭の中将って誰やねん!って思ってたかもねえ~
若様ですわよ、わ・か・さ・ま☆



 
★壮さんご入場

わ…若様!なんとお着物でございます!
うわー!なで肩!なで肩!なで肩!(肩以外も見なさい)

緑がかった浅葱色?のお着物に白い帯でとても涼しげです
いろいろ調べてみたんですがちょうどいい色がありませんでした隊長!
萌葱浅葱の中間色ってかんじでしょうか?
ウィキでみてみたかんじ、いちばんしっくりくるのは緑青かもしれません
(はじめて知りました、このお色)

テーブルの間をぬって前のお席へ行く最中に
恥ずかしいのかずっと口元に手を当てて微笑んでいる若様
ていうか、若様じゃないな…あれはえりちゃんだな!
その仕草がちょーおにゃのこでカワユスすぎるんですけど!!

そして、いつものように乾杯をしようとする壮さんに
司会者さんのするどいツッコミが入ります
「みなさん、もうディナーを召し上がっているので…」
(乾杯は済まされてます、みたいなニュアンスのことを言う司会者さん)

「えっ…?」
ちょっとフリーズする壮さん(貴重だなあ)

じゃあ、この乾杯をしようとしているあたしはどうなるの?
みたいなかんじで司会者さんを見つめる壮さん

それに対して
「壮さんおひとりで…」とS発言をかます司会者さん(笑)

でも壮さんのお茶会は、ほっこりなので
みんなえりちゃんのことがかわゆーてしゃあないので
ちゃんとグラスを持ってかまえてあげます
「みんなやさしいぃ~~~」

……っ!(声にならない悶え)

ほんっとかわいい!
どうしてこんなにかわいいのこのコ!

そしてみんなで、あらためて「かんぱーい☆」

壮さんがちゅるちゅるっとストローで飲んでいるお姿は
言わずもがな、ばっちり捕獲☆

司会者さんのお話を聞いているときに
一生懸命聞いてるときのクセなのかもしれないけど
クチを閉じて、口紅を馴染ませるときのように
唇がすべてすっぽり隠れちゃう顔をするんですけど
(わかりづらい説明でごめんなさい)
それもカワユスすぎてたまりません…!


★今回の公演にまつわるお話、いろいろ

好きな衣装、好きな台詞、好きな場面など
いろいろっと言ってくださったんですけれども

壮さんのマシンガントークが素晴らしすぎて
どれがナニだったかいまいちよく覚えてないんですが…
(記憶力の無さを壮さんのせいにしないでください)

好きな台詞は
「おや、当代隋一の色男がなんと弱気な」
この台詞は7年前の新人公演のときとまったく同じ台詞のひとつらしいです
「おや」という一言がとっても雅なかんじがして当時から大好きなんだそうです
壮さんって、ほんと和風が大好きなんだなあ~(しみじみ)

見に来られたお客さまは、二幕で壮さんなかなか出てこないな~とか
思ってらっしゃると思うんですけど…裏で大活躍してますから!!
という発言がツボでツボでしゃあないです!
下級生の着付けを手伝ったり(そして送り出したり)
そのへんに置いてあるお衣装を畳んでみたりしてるそう(笑)

雅な世界から一転のフィナーレにて
しょっぱなから出るゆうさんがお稽古場にて
「吉と出るか凶と出るかは、私次第だよね…」
などと言ってらっしゃったらしいのですけれども、そのときに
「大丈夫です!ゆうさんカッコイイから☆」と伝えたらしいです
この話をしているときの壮さんは
壮さんじゃなくて、えりちゃんになってました♪
なんでこうもコロコロ瞬時にして切り替えれるかねえ~
(そのギャップがツボすぎる!)

好きなお衣装の話だったのか
単にフィナーレの話だったか覚えてないんですが
覚えているのは、フィナーレでの赤いお衣装のときの話

としこねーさんが下級生の娘役ちゃんたちを集めて
「真ん中に居る壮さんに楽しいと思ってもらえるように」
と言っているのを聞いてしまったらしく
ありがたいことだな、だとか、しあわせなことだな、と思っているそうです
ホントしあわせもんだよ!

ちなみに壮さん的にツボなのは
赤いお衣装の腕のすそ部分らしいんですけど
壮担は、誰もそんなとこ見てないと思います…
ていうか見れるわけないって!(笑)
ちゃんと和モノにあわせて、ちょっとお着物風のデザインになっていて
赤い生地から白い生地がちらちら見えているんだそーな
わたしはきっとナマでは一生観れないと思いますけど
壮さんのお気に入りらしいんで、観れる方は見てあげてください(笑)


★雅なゲームの数々

まずは、6テーブルごとに違う問題で(全3種)
テーブルの上に置いてある上の句に合う下の句を書いてください、というもの

そして姫(2点)、公達(1点)、坊主(-1点)で
姫賞、公達賞を壮さんが選ぶという
なつかしくもあるちょっとした発表会方式(笑)

ちなみに司会者さんの「公達」の発音方法が間違っていたらしく
それがどうも気に食わなかったらしい(笑)壮さんは
自分で何度も「公達、公達」言ってました

お次からは、全テーブル対抗の共通問題でした

百人一首が8種類くらい載った紙がそれぞれのテーブルに配られて
そのうち、どれか1つの絵を今から壮さんが30秒で書きます
どれにまつわる絵を描いたか答えを番号で紙に書いてください、というもの

「30秒!?」とか驚きつつも
ちゃんと描いてみせる壮画伯、さすがです☆
クチを動かしながらしっかり手も動かせるお人でございます

ラスト問題は、あさきに出てくる姫の中で
縁日でいちばん金魚を掬うことができた姫は誰でしょう?
みたいなかんじの問題でした(やっぱりうろ覚え)
問題の意味がよくわからなくておいらはお手上げっす…
壮さんのお答えは「おぼろ」
理由をきいてみたらなんだかとっても納得でした♪


★抽選コーナー

サイン入りパンフ、サイン入りDSチラシ
ここまではいたって普通なかんじですが…
さすがの壮茶!
出来たてほやほやの壮画伯のイラスト3点も景品です(笑)

上手く描けてお気に入り☆と言いながら渡された
顔を隠している雅な人のイラスト
(ものすんごいわかりづらい説明でごめんなさい…)
(すげぇ上手だったんですよ!)
カワユスな鹿に対しては、ずんぐりむっくりな鹿とコメントをし
空を飛んでいる鳥のイラストに対しては、ゴキゲンな鳥~
とかって説明しながらプレゼントしておりました
壮さんのボキャブラリーが大好きだ!


★壮さんへのプレゼント

包みからして雅なかんじです(今回のテーマ)
そんな雅な包みをはじめは丁寧にあけようとしてたのに
しまいにはイヤになってきたのか投げやり気味になってきた壮さん(笑)

中身…というか巻いてあったのは
「あさきゆめみし」の文字が入った暖簾でした
布は白地で、文字は薄紫に見えました
(今回の公演の文字と同じ字体なんだそうです)

お茶目な壮さんは、その暖簾のすき間から一瞬だけ顔を出したのですよ
もう本当に一瞬で…
「カメラの方も絶対撮れてない~」とうれしそうな壮さん(Sだ!)

でもカメラの方は捕獲できた、みたいな反応をしたらしく
「撮れた?え?本当に?」
びっくりしつつも、おもしろくなさそうな壮さん
最後に、爆弾を投下いたしました

「これで撮れてなかったら大変だねえ~☆(笑顔)」

うっわ…!サディスティック壮一帆……!!

これがウワサに聞く「お茶会ではSな壮さん」か!
大変おいしくいただきました!ゴチでーす!(ニキニキ☆)


★壮さんからのプレゼント

「かけがえのないもの」という曲でした
きっと君を守るから、といったようなかんじの内容が
どこかにあったはずと思います
だって…脳内で「君」を、いづこに変換してしまっていたんだもの(器用だな)
だからそこだけがっつり覚えてしまっているんだもの…
どーしても、えりいづが諦めきれない女Sでございます(えぐえぐ)

この曲は8月にある、初の単独DS用に
太田せんせい(だったと思う)が作曲してくださって
サトルせんせいが作詞してくださったんだそうです

今回のお茶会のために、せんせいの許可をいただいて
ファンの前にて初披露してくださったんだそうだ…
このひとのこういうところが本当にだいすきなんだよなあ(しみじみ)

そんなイイ話をして客席をさんざん感動させた後で
今歌わせていただいたのは1番のみなので
2番はDSで初めて披露するからみんな宝塚ホテルに来てね☆
との、宣伝も忘れないちゃっかり壮さんらぶ(笑)


☆思い出したので追記(7月19日1時)

ディナーショーのタイトルに
「ラジオステーション」って入ってますけど
ちゃんとふつーのディナーショーですから!
しゃべってばっかりとかじゃないですから!!
みたいなことを必死で言っておりました…おもしろい(笑)

DSメンバーとの合言葉は
MCが長くなりすぎないようにしようね、だそうです(笑)

うーん…長くしちゃうのは間違いなく
真ん中にいるひとだと思うんですけど(もごもご)


★そして退場

ぐねぐねとテーブルの間をぬって、出口まで移動する壮さん
途中で出口がわからなくなったらしく、しばしフリーズ…(笑)

一体どれだけカワイイって思わせたら気が済むんだろう、このひと(真顔)


★個人的な感想

壮さんのお茶会のなにが好きかって
あのありえないぐらいのアットホームなところが大好きなんですよ
大好きな壮さんが目の前に居るはずなんだけど
肩の力を抜いて気楽~に楽しめるところがたまりません
その空間が本当にしあわせすぎてたまらないのですよ

不思議なひとだなあ、壮さん



以上、わたしが覚えている限り&
まだココはオフレコかも?という部分をのぞいて
(思いっきりオープンなブログなので一応…)
壮茶れぽを書かせていただきました~

この長ったらしくまとまっていない文章を
最後まで読んでくださった方、お疲れ様でした☆
この記事へのトラックバックURL
http://wanini.blog48.fc2.com/tb.php/113-8c850130
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。